色・カラーの選び方

髪染めの口コミランキング

髪染めの色とカラーを選ぶ際は、髪質や白髪との割合を考慮すると全体的に希望通りの色に染まります。

髪染めTOP > 色とカラー

髪染めの色・カラーの上手な選び方

髪染めのパッケージには、どの色を使うとどのような色合いになるのか、そのイメージが画像付きで掲載されているものがほとんどです。

多くの方はこのパッケージの色を見て購入しますが、髪染めは髪質や元の髪の色によって仕上がりが大きく異なるため、パッケージの色だけで選んでしまうと失敗のもとになります。

ここでは、希望の色に染めるための色・カラーの選び方を紹介します。

軟毛・硬毛によって選び方は異なる

人の肌質に違いがあるように、髪質にもそれぞれ個人差があります。

大きく分けると、人間の髪質は細くて柔らかい軟毛と、太くて硬い硬毛の2種類があります。

このうち、軟毛は非常に染まりやすいので、色選びはパッケージを基準にしてもOKですが、染まりにくい硬毛は、パッケージを基準にすると一段階暗めに仕上がります。

そのため、硬毛の方の場合のみ、希望の色よりもワントーン明るめの色を選ぶようにしましょう。

また、軟毛の場合は黄味系が、硬毛の場合は赤味系の髪染めの方がきれいに染まる傾向にあります。色ムラが出たり、なかなか色持ちしない場合は、それぞれの髪質に適した色合いに変えてみるとよいでしょう。

白髪の量が多いと明るめに染まる

髪染めの仕上がりは、染める前の髪色にも左右されます。

元の髪色が黒色の場合、地毛の色が濃いので、髪染めを使ってもさほど明るい色にはなりません。

一方、白髪の場合、もともとの色が白色なので髪染め自体の色が出やすくなり、明るめの色に仕上がります。

よって、白髪の割合が多い方は、希望通りの色またはワントーン暗めの色を。黒髪の割合が多い方は、希望の色よりワントーン明るめの色を選ぶとよいでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.