髪染めの選び方

髪染めの口コミランキング

髪染めは、髪質によって染め上がり方が異なり、肌質や体質によってはトラブルを起こす原因となります。

髪染めTOP > 選び方

髪染めは髪質・肌質・体質で選ぼう

髪染めを選ぶ基準は人それぞれですが、最も大切なポイントは、自分の希望の色に染め上げることです。

髪染めのパッケージには、それぞれの仕上がりイメージが画像付きで掲載されていますが、 すべての髪がパッケージ通りに染まるわけではなく、実際には髪質によって仕上がりに大きな差が生まれます。

また、髪染めは基本的に髪に色をつけるものですが、その性質上、頭皮への付着は避けられません。

肌質や体質によっては皮膚トラブルが起こる可能性もあるので、自分に合った髪染めかどうか、事前に確かめる必要があります。

よって、髪染めを選ぶ際は、自分の髪質・肌質・体質を考慮し、髪染め時のトラブルを未然に防ぐよう心がけましょう。

肌質・体質に合った髪染めを選ぶ

一般的な髪染めには、アルコールやパラフェニレンジアミンといった有刺激性成分が含まれています。

アルコールは主に保存料として、パラフェニレンジアミンは酸化染料の一種として用いられますが、肌が弱い方が使用すると、かぶれや湿疹、かゆみなど、接触性皮膚炎の症状を起こす可能性があります。

最も危惧されているのは、パラフェニレンジアミンによるアナフィラキシーショックです。アレルギー体質の方がパラフェニレンジアミンを使用すると、接触性皮膚炎のほか、激しい目の痛みや咳、呼吸困難などを起こすケースが報告されています。

海外では重篤な症状を引き起こした例も存在しますので、肌が弱い方、アレルギー体質の方はパラフェニレンジアミンやアルコール入りの髪染めの使用は避けましょう。

髪染めによって起こるアレルギー症状は、事前にパッチテストを行うことで予防することができます。肌が弱い方やアレルギー体質の方は、添加物などが入っていない天然の髪染めを使用するとよいでしょう。

硬毛の方はワントーン明るめの色を選ぼう

髪染めのパッケージには、明るい髪を染めた場合と暗めの髪を染めた場合の仕上がりの違いは掲載されていますが、髪質による違いには触れられていないものがほとんどです。

人間の髪質には、柔らかくて細い軟毛と、硬くて太い硬毛に分類されますが、パッケージの染め上がりイメージは、ほとんどが染まりやすい軟毛を基準にしています。

硬毛は軟毛よりも染まりにくいため、硬毛の方がパッケージの色を基準に選んでしまうと、思ったよりも暗めに仕上がってしまう可能性があります。

よって、硬毛の方は、希望の色よりも一段階明るめの色を選ぶと、希望の色に近い染め上がりになります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.