髪染めの種類

髪染めの口コミランキング

髪染めの種類は、色持ちするヘアカラー、髪を傷めないヘアマニキュア、便利な一時染めに分類できます。

髪染めTOP > 種類

髪染めの種類は3種類

髪染めの種類は、染まり方や染め方、色持ちの長さによって大きく3つにわけることができます。

同じ髪染めとは言っても、それぞれ特色が違いますので、希望や用途に応じて使い分けたり、併用してみたりするとよいでしょう。

以下では、髪染めの種類についてそれぞれ紹介します。

ヘアカラー

最も一般的な髪染めです。1剤と2剤を混ぜて酸化染料を作るタイプのものが多く、乾燥した髪に塗布した後、シャンプーで洗い流すときれいに染め上がります。

髪のもともとの色素を脱色してから染め上げるので、1回の髪染めでしっかり色をつけられるほか、色持ちもよく、2~3ヶ月ほど効果が持続します。

はっきり染めたい方や色を長持ちさせたい方に向いていますが、酸化染料は髪や頭皮へのダメージが大きいため、繰り返し使うと髪が傷む可能性があります。

ヘアマニキュア

一見ヘアカラーと似ていますが、髪の色素を脱色して染め上げるヘアカラーとは異なり、ヘアマニキュアは髪の表面に色をつけるだけです。

脱色を行わないので、髪への負担が少なく、パサつきやきしみなどのトラブルなく染められるところが特徴です。

また、髪の表面をコーティングするので、染める前よりも髪がツヤツヤになるというメリットもあります。

髪を傷めずに染めたい方にぴったりの髪染めですが、表面に色をつけるだけなのでヘアカラーに比べて色落ちしやすく、およそ2~3週間ほどで元の髪色に戻ってしまいます。

染め具合も、髪を脱色しないぶん、しっかり色をつけることはできません。特に黒髪を染める場合、地毛の色に負けてしまうので、光に当たったときにうっすらわかるほどの効果しか得られないでしょう。

一時染め

スプレーやスティックで髪の表面に色をつけ、白髪などを目立たなくするタイプです。

髪の表面に色をつけるところはヘアマニキュアに似ていますが、ヘアマニキュアよりも吸着性がないため、シャンプーをすると1回で全部色が落ちてしまいます。

そのため、毎日長期的に使うものとしては不向きですが、次のヘアカラーまでのつなぎとして、生え際の白髪隠しなどに使うことができます。

1剤と2剤を混ぜる手間もなく、取り出してさっとつけられるので、携帯して外出先でヘアケアすることも可能です。

手軽で便利なので、普段ヘアカラーやヘアマニキュアを使っている方でも、1つ持っていると重宝するでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.