生え際の髪染め

髪染めの口コミランキング

生え際の髪染めは、ダメージヘア予防のため、生え際部分だけを上手に染めるリタッチを活用しましょう。

髪染めTOP > 生え際

気になる生え際の対処方法

人間の髪は意外と伸びるのが早いので、大体1ヶ月ほどで生え際部分が気になってきます。

特に白髪の場合、黒髪よりも生え際が目立ちやすいので、2週間ほどで気になってくる場合も少なくありません。

しかし、髪染めは髪や頭皮への負担が大きいので、2週間や1ヶ月程度で繰り返し髪染めを使うと、髪のパサつきや傷みの原因となります。

とはいえ、気になる生え際を1ヶ月も2ヶ月も放っておくわけにもいきません。

そんなときは、髪へのダメージを極力抑えつつ、生え際だけをきれいに染められるリタッチがおすすめです。

リタッチのメリットと手順

リタッチは、生え際部分だけを重点的に染めることで、髪へのダメージを抑える髪染めテクニックです。

生え際が気になるたびに全体染めを行っていると、以前染めた部分にダメージが蓄積し、パサパサの傷んだ髪になってしまいます。

そこで、リタッチで生え際だけを上手に染めることで、以前染めた部分に負担をかけず、きれいな仕上がりを保つことができます。

リタッチの手順は全体染めよりシンプルかつ簡単です。

  1. 髪染め液を生え際部分に塗布する。
  2. 説明書に記載されている通りに放置する。
  3. その後、目の粗いクシやコームなどで根元の染料を毛先まで均一に伸ばす。
  4. シャンプーで洗い流す。

これだけです。根元に塗って放置した後、毛先に伸ばしたらすぐに洗い流すのがコツです。

こうすることで、根元と毛先の色ムラを防ぎ、均一に仕上げることができます。

リタッチだけ続けていればいいの?

新しく伸びてきた部分に、その都度リタッチで対応できるのであれば、全体染めをする必要はないのでは?と思ってしまいますよね。

基本的に、同じ色を使うのであれば、リタッチだけでしばらくの間しのぐことは可能です。

しかし、リタッチばかりを続けていると、毛先がどうしても色あせてしまい、グラデーションのように色ムラになってしまうおそれがあります。

そのため、リタッチは2~4回程度にとどめ、定期的に全体染めを行うことをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.