パッチテストを行う

髪染めの口コミランキング

パッチテストは、染める前にアレルギー症状をチェックし肌トラブルを防ぐための大事な皮膚テストです。

髪染めTOP > パッチテスト

パッチテストの重要性

髪染めを行う前に、必ず実施しなければならないのがパッチテストです。

パッチテストとは、染毛液で作ったテスト液を腕の内側に塗ってアレルギー症状の有無を確かめる皮膚テストのことで、髪染めを行うたびに実施する必要があります。

パッチテストは髪染めの48時間以上前までに済ませる必要があるので、面倒だからと省いてしまう方も多いのですが、パッチテストをやらずに髪染めを使用すると、アレルギー症状を起こす可能性があります。

特に、髪染めに入っているパラフェニレンジアミンによるアナフィラキシーショックが発生すると、目の痛みや咳のほか、呼吸困難などの重篤な症状を引き起こすおそれがあるので、トラブル防止のために、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

パッチテストを始めよう

パッチテストは、すべての工程に48時間の時間を要するので、髪染めの2日前までに済ませておく必要があります。

まず、取扱説明書に記載されている通りの配分でテスト剤を作ります。1剤と2剤の配合率は髪染めによって異なるので、必ず説明書をよく読んで行いましょう。

1剤と2剤を小皿に取り、よく混ぜてテスト剤を作ったら、腕の内側の柔らかい部分に薄くテスト剤を塗ります。塗る範囲はコイン大が目安です。

塗りおえたら、そのまま自然乾燥させます。テスト剤は数分ほどで乾きますが、30分経っても乾かなかったら、余分なテスト剤をティッシュペーパーで抑えるように拭き取ります。

あとは、そのまま48時間放置するだけです。皮膚のチェックはテスト後30分と48時間後の2回行いますが、その間もこまめに肌の様子をチェックします。

もし、48時間以内に肌のかぶれや赤み、湿疹、かゆみ、腫れなどの異常が見られた場合は、すぐにテスト剤を洗い流し、その髪染めの使用は控えましょう。

パッチテストで異常があらわれた場合は?

パッチテストで皮膚に何らかの異常があらわれた場合は、その髪染めを使用するとアレルギー症状を起こす可能性があるので、使用することはできません

市販の髪染めのパッチテストで異常があらわれた場合、その原因の大半はアルコールパラフェニレンジアミンに由来しています。

そのため、パッチテストで異常があらわれたら、アルコールやパラフェニレンジアミンなどの添加物が使用されていない天然系の髪染めを使用するとよいでしょう。

天然の髪染めでは、『利尻ヘアカラートリートメント』や『レフィーネ』などが有名です。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.