髪染めの前に準備するもの

髪染めの口コミランキング

髪染めの前には、新聞紙やケープ、手袋など、さまざまな道具をあらかじめ用意しておく必要があります。

髪染めTOP > 準備するもの

髪染めの前に準備しておくもの

髪染めには、購入した髪染めや添付されている手袋の他にも、汚れ防止やきれいに染めるための道具を一通りそろえておく必要があります。

大抵のものは身の回りにあるもので済ませられますが、これから何度も髪染めを使う予定のある方は、タオルやケープ、イヤーカバーは専用のものを用意するとよいでしょう。

準備するものは髪染めに添付されている取扱説明書にも記載されていますが、そのほかにも、自分で便利だと思うものは事前に用意しておきましょう。

身の回りに置いておくもの

まずは、身のまわりに置いておくものを準備します。一度髪染めを始めてしまうと、身軽に動けなくなってしまうので、すべて手の届く範囲に置いておきましょう。

新聞紙 床やテーブルに敷き詰めて汚れを防ぐカバーにします。髪染めの液は飛び散りやすいので、余裕を持って広範囲に敷き詰めておきましょう。
ティッシュペーパー 地肌に髪染めの液がついた場合、乾かないうちにティッシュペーパーですばやく拭き取ります。乾いてしまうと落ちにくくなるので注意しましょう。
染まり具合をチェックするために使います。髪染め中は両手がふさがってしまうので、目の前に立てかけておけるスタンドタイプの鏡を用意しましょう。
時計 髪染め後の放置時間を計るために、その場で時間を確認できる場所に時計を置いておきます。

身支度をする

身の回りの準備が終わったら、今度は身支度を始めます。

髪染めが始まると、特に着替えなどはできなくなってしまうので注意が必要です。

前開きの服 髪染めを終えた後、浴室で染毛液を洗い流します。頭からかぶるタイプの服を着用していると、脱ぐ時に衣類が汚れるので、頭を通さずに脱げる前開きの服を着用しましょう。
ケープ 染毛液の液だれや飛び散りによる地肌や衣類の汚れを防ぐため、肩からすっぽり覆うタイプのケープを着用します。首の汚れを防ぐため、首周りにタオルを巻くのもよいでしょう。
手袋 汚れ防止のために、ゴム製、またはビニール製の手袋を着用します。ほとんどの場合、髪染めと一緒にビニール手袋が添付されているので、それを着用するとよいでしょう。輪ゴムやアームバンドで止めると、ズレないので作業しやすくなります。
ヘアクリップ 髪のブロッキング(小分け)に使います。ブロッキングすると、全体的に色ムラなく仕上がります。
保護クリーム 生え際やフェイスライン、耳まわりなど、染毛液がつきやすい部分にあらかじめ保護クリームを塗っておくと、染毛液がついても落としやすくなります。

その他、用途に応じて使う物

必須アイテムではありませんが、あると便利だったり、染まり具合を調節することができます。

必要な方はあらかじめ用意しておきましょう。

クシ・コーム 目の粗いクシやコームを使用すると、液を髪に伸ばしやすくなります。一部の髪染めには、染毛液を載せる部分がついた専用のコームがついている場合もあります。
イヤーカバー 美容院のカラーリングで使われる耳を覆うタイプのビニール製カバーです。耳は特に液がつきやすいので、自宅で繰り返し染める方は用意すると便利です。
ラップ 染毛液を塗りおえた後、ラップで頭部を覆うと発色が早くなり、しっかり色がつくようになります。毛先の方も染まりやすくなるので、硬毛の方など、染まりにくい髪質の方の調節におすすめです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.