髪染めの手順

髪染めの口コミランキング

髪染めは、正しい手順で行うと、自宅でも色ムラなくキレイに染めることができます。

髪染めTOP > 手順

髪染めの手順をしっかり守ろう

自宅で髪染めを行うと、美容院のようにきれいに染められないという話はよく聞きます。

しかし、正しい手順とちょっとしたコツをつかめば、 たとえ自宅でも色ムラなくきれいに染めることができます

自分でやるとどうしてもきれいに染められない・・・という方は、今一度正しい手順を確認してみましょう。

髪染めの手順

1.シャンプー・ブロッキングで下準備する

髪にリンスやコンディショナー、スタイリング剤などの成分が残っていると、髪がうまく染まらず、色ムラが起こる可能性があります。

できれば、髪染めの前日はシャンプーのみで洗髪し、リンスやスタイリング剤は使用しないようにしましょう。

もし使ってしまった場合は、髪染めの前にシャンプーできれいに洗髪してから、液だれを防ぐためにドライヤーでしっかり乾かします。

その後、ヘアクリップで髪を4つにブロッキング(小分け)します。ブロッキングすると、塗り残しなく、きれいに染められるようになるので、ショートカット以外の方はブロッキングすることをおすすめします。

ブロッキングは、前髪とトップの髪を取った後、サイド上部の髪を2つに取り、最後に残った部分をひとつにまとめます。

2.保護クリームを塗る

髪をブロッキングしたら、生え際や耳、首、フェイスラインなど、髪染め液がつきやすい部分に油性の保護クリームを塗ります。

あらかじめ油性のクリームを塗っておくと、液がついた場合でもクリームと一緒に洗い流しやすくなります。

3.毛先から塗り始める

髪染めは熱が高いほど染まりやすくなるので、地肌に近い根元部分から先に塗ると、根元だけが明るくなりすぎるおそれがあります。

そのため、地肌に最も遠い毛先から徐々に塗るようにし、根元は一番最後に取っておきましょう。

目の粗いクシやコームを使うと、髪染め液を均一に伸ばすことができるので、きれいに仕上がりやすくなります。

色ムラを防ぐため、髪の内側は特に意識的に塗り、こまめに鏡をチェックして染め具合を確認します。

4.一定時間、放置する

最後に根元を塗りおえたら、説明書に記載された時間だけ放置します。

長めに放置すると、それだけ強く発色しますが、あまり長く放置すると明るくなりすぎるので、最長でも5分までにとどめておきましょう。

なお、初回はトラブルを避けるため、染まりにくい硬毛の方でも、規定時間を守って染めることをおすすめします。

5.髪染め液を洗い流す

規定時間が過ぎたら、浴室で髪染め液を洗い流します。

実際にすすぐ前に、浴室全体をシャワーで濡らしておくと、液が飛び散っても後で洗い流しやすくなります。

まずはぬるま湯だけで髪染め液をしっかり洗い流します。このすすぎが不十分だと、その後のシャンプーの泡立ちが悪くなり、最終的に髪染め液が残留してしまうおそれがあるので、すすぎ湯が透明になるまできれいに洗い流しましょう。

十分にすすぎ終えたら、カラー専用のシャンプー・リンスでいつも通り洗髪します。髪染め後の髪は傷みやすく、色落ちしやすくなっているので、ダメージと色落ちの両方を防ぐためにも、カラー専用シャンプーを使用することをおすすめします。

シャンプー後はタオルで髪をはさみ、たたくようにして水気を拭き取ります。無理にこすると髪が傷む原因になるので、やさしく扱いましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.