髪染め後はシャンプーでケア

髪染めの口コミランキング

髪染め後の髪は非常にデリケートなので、カラー専用のシャンプーでやさしくケアしましょう。

髪染めTOP > シャンプー

髪染め後の髪はシャンプーでしっかりケアしよう

髪染めを終えた後は、カラー専用のシャンプー・コンディショナーで洗髪する必要があります。

髪染め後の髪は、染毛液の影響で、キューティクルが開きっぱなしの状態になっています。

毛羽立った状態のキューティクルは摩擦ではがれやすくなっているので、シャンプーで染料を洗い流し、すみやかにキューティクルを元の状態に戻さなければなりません。

また、キューティクルが開いたままだと、せっかく染みこませた染料も外に流れ出やすくなり、色落ちの原因になります。

髪染め後は、正しい方法でシャンプーを行い、髪のダメージと色落ちをしっかり予防しましょう。

髪染め後のシャンプーはカラー専用のもので

シャンプーには、通常用のほかに、カラー専用のものが販売されています。

カラー専用シャンプーと通常シャンプーでは配合成分が異なっており、通常のシャンプーには、汚れと一緒に髪染めの染料まで洗い流してしまう成分が含まれています。

よって、髪染め後の髪に通常のシャンプーを使っていると、色持ちが悪くなり、短期間で色が落ちてしまう可能性があります。

一方、カラー専用シャンプーは、色落ち成分が含まれていないのはもちろん、髪染め液の影響でアルカリ性に傾いた髪を弱酸性に戻す効果があります

弱酸性に戻ると、開いたキューティクルも自然に閉じるので、摩擦によるダメージだけでなく、色落ち予防にも最適です。

アルカリ性の髪を弱酸性に戻すにはある程度日数がかかるので、髪染め直後はもちろん、しばらくはカラー専用のシャンプーを使用するようにしましょう。

髪染め後のシャンプーの注意点

髪染め後は前述の通り、キューティクルが毛羽立っている状態にあります。

そのため、非常に摩擦に弱く、ごしごしと力を入れてこするとキューティクルがはがれ落ち、パサつきやゴワつきの原因となります。

余計な摩擦を抑えるため、髪染め後はまずぬるま湯だけで十分にすすぎ、染料をあらかた流し終えてから、シャンプーを始めるようにしましょう。

このとき、シャンプー液を直接頭部にかけてしまうと、泡立つまでに余計に髪をこすることになってしまうので、シャンプー液はまず手に取り、十分に泡立てた状態で髪にのせます。

髪染め後の髪はデリケートなので、力任せに洗ったりせず、やさしく丁寧に洗っていきます。

すすぎはもちろんしっかりと。コンディショナーも、傷みやすい毛先にたっぷりつけてから、十分に洗い流すよう心がけます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 髪染めの口コミランキング All Rights Reserved.